知覚動考の順番と意味【行動できない原因はコレ!】

いつも応援ありがとうございます⇒
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知覚動考(ち・かく・どう・こう)という言葉をご存知ですか?

 

 

 

ビジネスの世界では

人間の理想的な学習パターン、行動パターンとして、

ときどき紹介されたりします。

 

  1. 初めにって
  2. それをえて
  3. してみて
  4. 最後に、えてる

 

この順番が大事だというのです。

 

 

なんのこっちゃ?

という感じですが、

 

 

なにかを勉強する際、

初めに識を得て、

それを自分のモノにして深く理解するためにえる。

 

そして、

 

実際に行に移してみて、

行動した後に、上手くできたか?できなかったか?える。

 

 

この、

  1. 知る
  2. 覚える
  3. 行動する
  4. 考える

 

という順番を守ってくださいね!と

ビジネス界では口酸っぱく言われているわけです。

 

 

 

なんでこんなことを

わざわざ口酸っぱく言われるのかというと、

多くの方は、この順番が守れないから。

 

 

1、知って

2、覚える

までは出来ても、

 

その後が「考える」になってしまうパターンが

圧倒的に多く、

考えた後に、「行動できない」からです。

 

 

考えすぎて行動できなくなってしまう人が多い

ということ。

 

 

 

たとえばアフィリエイトでいえば、

  • 誰でも始められる
  • 金銭的リスクが少ない
  • 報酬が青天井
  • 半放置でも稼げる

などのメリットがあると知って

具体的な方法を覚えて

 

よし!私もはじめよう!

 

と思うのですが、

 

その後に、

即座に独自ドメインを取得したり、無料ブログを開設したり、

ASPに登録するなどの行動を起こすのではなく、

 

えてしまう。

 

 

なにを考えてしまうのかというと、

  • 独自ドメインって取らなくちゃダメなのかな?
  • お金はかけたくないな
  • そもそも、文章なんて書けないし…
  • サーバーの設定とか難しそう
  • 俺にできるわけがない…

こういうことを考えて、

自分が行動することのデメリットにばかり焦点をあててしまう。

 

その結果、

行動しなくなってしまう。

 

 

これでは、バラ色の不労所得生活も、

経済的、時間的、場所的自由も

すべては妄想に終わってしまいます。

 

つまり、

  1. 知る
  2. 覚える
  3. 考える
  4. ・・・。

という人が圧倒的多数派なんですね。

 

 

 

 

行動しなければ何も得られない

何の事例でもいいのですが、

なにかの成果を出すには、行動することが絶対に必要です。

 

 

 

今度は料理の例を見て見ましょう。

 

美味しい料理のレシピを勉強して知識をつけ、

深く理解するために覚える。

 

 

そして、実際に料理してみる。

 

 

ここまでやらなければ、何の成果も得られません。

 

 

実際に料理(行動)してみなければ、

作った料理が美味しかったのか、不味かったのかもわからず、

不味かったのであれば、何か悪かったのかもわかりません。

 

  • このレシピって本物かな?
  • 作った料理が不味かったらどうしよう
  • 私って包丁さばきが苦手なんだよね

 

こんなことばかりを考えていては、

永遠に料理は作れないし、料理の腕前も上達しません。

 

いつまでも腹ペコのままです。

 

嫌だ!絶対に、そんなのは嫌だ!

と思った方は、知覚動考の順番を守りましょう。

 

 

 

 

ここまでをまとめると、

(1)ビジネスで成果を出したければ、

  1. 知る
  2. 覚える
  3. 行動する
  4. 考える

という順番が重要である

 

(2)大多数は、

行動する前にデメリットを考えてしまうため、

いつまでも成果が得られない

 

ということになります。

 

 

行動すると、失敗することもあります。

誰かに、嫌われることもあるかもしれません。

 

でもそんなことを考えていたら、

5年後、10年後でも同じ生活のままです。

 

 

 

いまの生活に非常に満足しているのならいいけれども、

そうでないのであれば、現状を変えるために行動を起こさなければなりません。

 

 

 

 

デメリットばかりに目を向けていても、何も変わりません。

ただ、時間を浪費していくだけです。

 

 

なかなか行動できないな

と思ったら、知覚動考を思い出してください。

 

知覚動考(とも・かく・うご・こう)ともかく動こう!と読みます。

 

 

副業でも、なかなかビジネスに踏み切れない…

という方は、こちらの記事も読んでみてください。

↓  ↓  ↓

あなたには起業家のセンスがありますよ。なぜならば・・・

 

 

 

↓の記事も読むと収入アップにつながります


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ