読者の反応を3倍にする文章作成のコツ(恐怖の実験)

いつも応援ありがとうございます⇒
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年くらい前、

テレビでこんな実験をやっていましたが、

あなたは知っていますか?

 

 

 

私はほとんどテレビをみないのですが、

番組の企画でやっていた、ある実験のことを最近思い出しました。

 

 

 

 

その実験は、

人間の判断力や行動力に関係するものなのですが、

 

文章や画像で人に行動を促す

いわゆる「広告」と同じで、

文章を読んだ人、画像を見た人に

行動を促すテクニックが含まれています。

 

 

最近、

 

私が書いた文章で

  • どうやって読んだ人に行動を促すか?
  • どうやったら行動してもらえるか?

について考える時間が増え、この実験のことを思い出しました。

 

 

この実験のことを知れば、

 

どうやったら、相手に望みどおりの行動を取ってもらえるのか?

 

が具体的にわかると思います。

 

 

 

また、

あなたが広告業に関わっている方であれば、

 

あなたの作った文章やチラシ、広告に何が足りないのか?

 

という、致命的な欠点も明らかにしてくれるでしょう。

 

 

 

 

あなたがもしも

いままで作ってきた広告や文章に、

  • 見た人、読んだ人からの反応が無い
  • 広告は見られているけれども、あなたが希望する行動をとってもらえない

 

これらに心当たりがあるならば、

続きを読んでください。

 

 

 

 

あ~っ!!そうだったのか!!!

と納得してもらえるはずです。

 

 

恐怖の実験

テレビでやっていた実験は、こういう手順でした。

 

 

まず、

 

テレビ局が募集した実験参加者(エキストラとして募集)10名を

吹き抜けのある建物内の1階に集めます。

 

 

 

次に、

 

吹き抜けの天井近くから、

参加者めがけて

 

 

 

巨大なボールを落とします。

 

 

 

 

そのタイミングで、

 

参加者たちと少し離れた位置にいるスタッフがボールを指さしながら、

参加者たちに大声でこう叫びます。

 

 

 

「逃げろ!」

 

 

 

さて、

参加者はどういう行動をとったでしょうか?

 

 

 

 

むかしの番組なのでうろ覚えなのですが、

ほとんどの参加者は

  • その場で立ちすくんだり
  • しゃがみ込んだり
  • 頭を覆ってキャーっと叫び声をあげたり

していました。

 

 

 

ほとんどの参加者はボールが直撃する範囲からのがれられず、

ボールが当たらない位置まで逃げられた人の数は、

10名中1名か2名だったと記憶しています。

 

 

せっかくスタッフが、上から降ってくるボールの存在を教えてあげたのに、

逃げられた人は少なかったのです。

 

 

 

 

 

 

実験にはまだ続きがあります。

 

 

 

今度は、

 

別の実験参加者10名を集め、

さっきと同様に、上から巨大なボールを落とします。

 

そして、スタッフがボールを指さしながら、

参加者たちに今度はこのように叫びます。

 

 

「走れ!」

 

 

 

 

さて、

今度の実験参加者たちが、

どのような行動をとったかわかりますか?

 

 

 

 

さっきの実験とはうって変わって、

ほとんどの参加者が走りだし、

ボールが当たらない位置まで逃げ切っていました。

 

 

ボールが当たってしまう範囲内に留まっていたのは、

ほんの1名か2名しかいません。

 

 

 

 

この実験の話で私が言いたかったことが何なのか、わかりますか?

 

 

人間は、

してもらいたい行動を具体的に指し示してあげないと

実際に行動に移すことができないということです。

 

 

 

 

1回目のように

「逃げろ!」という指示の仕方では、

 

どのように逃げれば良いのか?

 

具体的に指示していません。

 

 

 

即座に走って逃げれば良いのか?

それとも、火災の時のように

 

「押さない」

「駆けない」

「しゃべらない」

「戻らない」

 

の4原則を守りながら逃げれば良いのかわからず、

曖昧なままです。

 

 

しかし、

 

「走れ!」という指示の仕方であれば、

猛ダッシュで走るか、ジョギングのように走るかは別として、

 

とにかく走りなさい(そして、ボールから逃げなさい)

 

ということが伝わります。

 

 

 

さきほどの「逃げろ!」よりも

12倍くらい具体的になっています。

 

 

 

その結果、

 

 

「走れ!」と指示された方の参加者は

その多くがボールから逃げることができました。

 

 

 

文章で行動を促す場合も、同じです。

 

 

 

できるだけ具体的に、

更に、できるだけ詳細に行動を指示することで、

読む人は、驚くほど望みどおりの行動を

とってくれるようになります。

 

だいたい3倍くらいには上昇するはずです。

 

ウソくせ~

適当なこと言いやがって!!

 

と思った方がいるかもしれませんが、

これは紛れもない事実です。

 

 

 

 

あなたがもしも

「広告を見た人に、商品購入などの行動をとってもらえない」

と悩んでいるのであれば、

 

その広告が、

商品購入などの具体的な行動を指示しているか?

 

一度、確認してみてください。

 

 

人間は、

具体的に指示してもらわないと

行動できない生き物なのですから。

 

 

 

 

ところで、

私のブログには、他にも面白い話が書かれた記事が

たーーーーっくさんあります。

 

「目次ページ」の中から気になるタイトルを1つ見つけ、

それをクリックしたら、4分以内にその記事を読んでみてください。

↓ ↓

目次ページ

 

 

 

↓の記事も読むと収入アップにつながります


2 Responses to “読者の反応を3倍にする文章作成のコツ(恐怖の実験)”

  1. Toshikinuyo より:

    陽平様 おはようございます。

    ブログへの訪問有難うございました。

    具体的な話はストレスなく受け入れることができますね。

    そのぶん判断もしやすくなるのでしょう。

    言われて見れば逃げろと言われても
    「どうやって逃げるかのか」考えなければならないわけで
    迷いがでますね。

    迷いもちょとした気配りで消すことができるのですね。

    迷いが出るような宣伝では購入に至るのは難しいとは納得です。

    今後とも宜しくお願いします。

    Toshikinuyo

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ