ちょっと前から、年金問題や世界経済への不安など、

将来必要な生活資金が果たして確保できるのか?

という不安から、不労所得に興味を持つ人が増えているようです。

 

ネットで不労所得を稼ぐ代表格が、ブログやアフィリエイトサイトなわけですが、

最近ではアンテナサイトも注目されています。

 

アンテナサイトは一度作ってしまえば自動的に更新されるため

メンテナンスの手間が省け、アフィリエイト広告を設置しておけば、

自動的・継続的に報酬が発生し続けるためでしょう。

 

ですが、不労所得に興味を持ってアンテナサイトのことを調べ始めたものの、

  • どうやってアンテナサイトを手に入れたら良いのか?
  • 広告業者は何を選べばよいのか?
  • どうして不労所得につながるのか?その仕組みは?

といったことが、よくわからない方も多いみたいです。

 

アンテナサイトの手に入れ方や報酬が入る仕組みについては

別の記事で書いているのでそちらを読んでいただくとして、

アンテナサイトの入手方法報酬がはいる仕組み

 

今回は、アンテナサイトにうってつけのASP(ネット広告の業者)

をご紹介します。

クリック報酬型ASP

クリック報酬型広告は、画像広告などを張っておくことで

広告画像がクリックされるたびに報酬が発生するタイプの広告です。

 

クリック報酬型広告が使えるASPの代表格は、

忍者AdMax

です。

 

 

忍者AdMaxは広告の設置が簡単ですし、

このブログからもたくさんの方が登録しています。

 

1クリックあたりの報酬額は数円~数十円と少ないので、

大量のアクセスを集め、大量にクリックしてもらう

という戦略をとらなければなりません。

成果報酬型ASP

成果報酬型の広告は、広告画像やセールス文がクリックされた後、

実際に商品が購入されなければ報酬が発生しないタイプの広告です。

 

クリック報酬型よりも報酬発生までの難易度は高いですが、

1つの商品が購入されたときの報酬額がクリック報酬型よりも多いので、

意外と高額報酬が貯まったりします。

 

代表格は、

Amazonアソシエイト と

楽天アフィリエイト

です。

 

どちらも『クッキー』というシステムを採用しており、

Amazonアソシエイトは広告のクリック後、

24時間以内に商品が購入された場合に報酬が発生し、

楽天アフィリエイトではクリック後

30日以内に購入されれば報酬がもらえます。

 

楽天の方が圧倒的に有利に見えますが、報酬率がAmazonよりも低いので、

サイトのジャンルや商品によって使い分け、報酬の最大化を目指しましょう。

 

 

ちなみに…

 

ASPは他にも無料オファー専用ASPなどがあります。

 

無料オファーは無料のものを紹介するだけでも報酬が発生するので、

まとめサイトでもけっこう稼げます。

 

無料オファーについては別記事で紹介してるので、

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

↓  ↓  ↓

無料オファー専用ASP一覧