これからの時代、ネットでもリアルでも、

ビジネスをやるなら必ず「ブログ」を作らなければならない理由とは?

 

 

 

 

いまどき、ホームページのない会社って

どう思いますか?

 

 

 

ぶっちゃけた話、どんなに良い製品を販売している会社でも、

ホームページがないだけで、将来の成長は見込めませんよね。

 

 

なぜなら、これから先社会に出ていく人たちのほとんどは、

インターネットを使った情報収集とお買い物をメインにしているから。

 

ちょっと遊びに行くときでも、ご飯を食べるときでも、

旅行に行くときでも、旅行先で買うお土産を選ぶ時でも、

ほとんど必ず、インターネットで情報を調べています。

 

 

だから、

そういった「お客様候補の方たち」の為に

ホームページを用意しておくのは、

当然のことで、できてて当たり前のことなんです。

 

ホームページがないだけで、

インターネットで情報収集している「お客様候補たち」は、

そのお店・サービスは「存在しないもの」として認識してしまいます

 

ネットの検索で見つからなかった時点で、

興味の対象、消費の対象から外されてしまうのです。

 

 

 

 

たとえば、

そこそこサービスが良くて味も美味しい飲食店が2軒あったとしましょう。

 

一方はお店のホームページをしっかり作りこんでいて、

もう一方は、ホームページをもっていなかったとしたら?

 

現代人のほとんどは、ホームページのあるお店の方にしか行きません。

 

たとえその2軒の飲食店が隣り合っていたとしても、

ネット検索で見つからなかった時点で、

「存在しないのと同じ」になってしまうのです。

 

 

それって、

すっごく、もったいないことだと思いませんか?

 

 

ホームページがあるだけで、お客さんが来た可能性があるのに、

その可能性を捨ててしまったら、お店はつぶれるしかありません。

 

 

だから、ビジネスをするときは

ホームページを作るのが当然になってくるんです。

 

 

 

 

ところで、私は冒頭でホームページではなく、

「ブログ」が必要だと書きました。

 

ブログの話はどこへ行ったのか?

これから説明していきます。

 

 

さきほど書いたように、今後、

ビジネスをするうえでは、会社のホームページが、

「あって当たり前」になってきます。

 

ホームページがない会社は、個人でも、中小企業でも、

そもそもビジネスの土俵にすら立てなくなってくるということです。

 

 

で、

 

ネットでモノを買うのが当たり前で、かつ、

企業ホームページがあることが常識になった時代に突入すると、

一体何が、商品やサービスを選ぶ決め手になるのか?

という段階に入ってきます。

 

そのとき選ばれる商品・会社になる決め手が、「ブログ」なわけです。

 

 

会社社長が記事を書くのでも、担当社員が更新するのでも、

どちらでも構いません。

 

 

 

しかし、

ホームページの有無で優劣が付けられない時代にあっては

「面白いブログ」

「価値ある情報を発信しているブログ」

「個性的なブログ」

を更新している企業がお客様から選ばれるようになります。

 

だから、これからビジネスをやるなら最低限、

ブログを作っておくことをおすすめしたいわけです。

 

 

「そんなの遠い未来の話だろ?俺が現役で働いている間は関係ないな。」

 

 

 

そう思った方もいるかもしれませんが、

残念ながら、ブログが勝敗を決める時代は、

それほど遠い未来の話ではありません。

 

ほんの5年後、10年後の話です。

 

 

ある日いきなり、あなたが、

「君に、ウチの会社のブログ担当者になってもらうから」

と上司から言われる可能性も、ゼロではないわけです。

 

 

だから、

将来ビジネスを立ち上げる予定がある方はもとより、

自分でビジネスを興す気が無い方でも、

ブログ記事の書きかたくらいは、

いまのうちに知っておいた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

まとめると、

ビジネスを始めるときに「ブログ」を作ることをおすすめしたいのは、

  • これから先、ホームページのない会社は、リアルでも存在していないのと同じ扱いになる
  • ホームページを作るのが常識になった時代では、「会社ブログ」の価値が商品・サービスの売り上げに直結する
  • ブログが企業の勝敗を決める時代は、これから10年程度の間に現実のものになる
  • いまのうちにブログ運営のスキルを磨いておくと、将来役に立つかもしれない

ということが理由です。

 

 

「お前は預言者か!」

 

 

そうツッコミを入れたくなるのも仕方がありません。

 

でも、

おそらく現実のものになるのではないかと、

私は思っています。

 

仮に現実になったときでも困らないように、

こういう記事を読んでおくといいかもしれません。

↓  ↓  ↓

書けば書くほど読まれなくなってしまう文章の特徴

読者の反応を3倍にする文章作成のコツ(恐怖の実験)

 

 

シェアボタン