私は普段新聞を読む習慣がないのですが、

先日、気まぐれで新聞を眺めていたら

面白い記事を見つけました。

 

どんな内容の記事かというと、

『NYタイムズ・電子版』の新規購読部数が

30万部も増えている、というものです。

 

 

 

NYタイムズはアメリカ大統領の

トランプ氏が名指しでバッシングした新聞社なのですが、

バッシングされたことで注目度が高まり、

新規購読部数が伸びたと推測されています。

 

これはいわゆる”炎上商法”ともいえるもので、

国民の注目を集めるために、NYタイムズは

わざとトランプ氏に批判的な記事を書いていたのでは?と

邪推してしまいました。

炎上商法とは?

炎上商法は、

常識的にはよくないことや好ましくない行動を取ったり、

人の感情を逆なでするような言動をとることで

大勢の人の注目を集めて『敵』を大量に作りあげ、

あとからその『敵』を『味方(ファン)』に変えていくことで、

ビジネスを拡大していく手法です。

 

NYタイムズの例とは、本質的には

全然違うのかもしれませんが、

世間の注目を集めていってビジネスを拡大するところが

よく似ていると感じました。

 

とはいえアメリカでは、スクープやスキャンダルで注目を集め、

映画やテレビの出演者枠を獲得する芸能人がいると聞きますし、

あながち間違っていないのかもしれません。

 

私は気が小さいのでとてもマネできませんが、

短期間に世間の注目を集めたい方やメンタルの強い方は

挑戦してみる価値がありそうです。

炎上商法のリスク

しかし、炎上商法は

世間の注目を集める効果=広告効果

が高いぶん、リスクもあります。

 

燃え上がった人間の感情をどうやって鎮めるのか?

 

火を消すところまで計画しておかないと

収集が付かなくなりますので、

その点はお気を付けください。

 

 

PS.

「炎上」に関する無料レポートを探していたら、

 

意図せずして”炎上させられた”

 

という人の体験談が書かれたレポートを発掘しました。

⇒ 炎上したインフォプレナーの体験談

 

10年近く前に作られたレポートですし

当時流行っていた「mixi」に関する内容なのですが、

自分のコンテンツが炎上して収集が付かなくなった人の

悲痛な気持ちが伝わってきます。

 

mixiアカウントをお持ちの方は、

当時のコミュニティの状況とコメントなどが

いまでもまだ読めますので、

興味があればそちらも読んでみてください。