4月に入ってからフェイスブックをよく利用しているのですが、

一昨日、ちょっと印象深いできごとがありました。

 

 

これまでフェイスブックはあまり利用していなかったのですが、

ものは試しと思い、いま、こちらから友達申請しまくったり

2日に一回くらいのペースで投稿したりしています。

 

普段投稿している内容は、

  • その日食べたお菓子
  • すでに友達になっている人の投稿にコメントしながらのシェア

がメインで投稿しています。

フェイスブックでブロックされました

そんな具合で3週間くらいフェイスブックを利用してきて、

それなりに投稿回数も増えたし、

自分の投稿に対する「いいね」の数も増えてきたので

1000文字くらいの長文でネットビジネスについて自分の考えを書き、

最後にLINE@に誘導してみました。

 

私がアフィリエイトをしていることは

自己紹介欄に書いてはいるものの、

ネットビジネスに拒絶反応がある人からは

おそらく嫌がられると思うので、

どんな反応があるのかな?と、

ちょっと心配な気持ちもあったわけです。

 

投稿後、

3時間くらいしてからフェイスブックを見てみると、

これまでと同じくらいの数の「いいね」がされており、

さらにコメントが2件あったので一瞬ホッとしたのですが、

そのコメントが問題でした!

 

2件残されていたコメントのうち1件は、

「さっそくLINE@に友達追加させてもらいました」という

内容だったのですが、

 

もう1件は、なんと、

「LINEをやっている人はくだらない人が多いので、

ブロックさせてもらいました」という内容…。

 

一瞬、イラッとしてしまい、

思わずそのコメントを削除してしまったのですが、

よくよく考えるとこれって「しかたのないこと」

「よくあること」なんですよね。

 

フェイスブックやツイッターのようなSNSでは、

相手側がこちらに興味をもっていなくても

こちらからフォローしたり友達申請したりすることで

強制的にアプローチすることが一度は可能です。

 

でも、相手からすると、

まったく興味のない相手から突然声をかけられたようなもの。

 

ブロックされて当然です。

ブロックするのは悪いことか?

今回、フェイスブックで一度は接点を持った人に

あっさりとブロックされてしまったわけですが、

ブロックするのは悪いことではありません。

 

ネットビジネスと関わり合いを持ちたくないという方は、

ビジネス目的で利用している人から友達申請があった時には

じゃんじゃんブロックした方がいいです。

 

自分にとって興味のない事に付き合わされることほど

時間の無駄に感じることはありませんので。

 

  • フェイスブックの友達数を増やしたい
  • ツイッターのフォロワーを増やしたい
  • LINE@の友達数を増やしたい
  • メルマガ読者を増やしたい
  • ブログのアクセス数を増やしたい

ネットビジネスをしていると、

こういう気持ちになることがあります。

 

しかし、

 

相手の気持ちを無視した形で自分のビジネスの宣伝をしたり

無理矢理興味を持ってもらおうとしても

反発されるだけで逆効果です。

 

今後もおそらく同様のことが何度も起こるでしょうが、

  • フェイスブックのブロック
  • ツイッターのリムーブ
  • メルマガの登録解除

などがあった際には、

 

「自分の媒体に興味のない人が離れていってくれてよかった」

 

と考えましょう。

 

 

 

今回、私がフェイスブックでブロックされたのは

完全に私が悪いです。

 

むしろ、

「LINEをやっている人はくだらない人が多いからブロックします」

なんていうコメントを残してくれた人に感謝すらしています。

 

ネットの世界では匿名性や現実感の無さが原因で、

リアル(現実世界)では言われないような言葉を言われることが

あります。

 

しかし、

 

それはある意味、

自分の媒体を見てくれた人たちの本心を

ウソ偽りなく教えてもらっていることでもあります。

 

辛口でコメントを残してくれる人なんて

そうそういませんので、

特にこれからネットビジネスを始める方たちは

そういった言葉に負けることなく、

自分のビジネスの作業をしたり情報発信したりする手を止めず

頑張ってほしいですね。

シェアボタン