「学校が無くなる日」が現実的になってきました。

 

あなたは、小学校時代の先生の名前や顔って今でも覚えていますか?

 

私は小学校1~6年生の時の担任の先生の名前と性別は

何となく覚えているのですが、顔は全然思い出せません。

 

私は薄情者なので、会わない人の顔はすぐに忘れてしまいます。

 

そんな過去の話は置いておくとして、もしかしたら未来の小学校では、

先生が必要なくなるかもしれません。

 

なぜなら、子どもひとりひとりの学力や能力に合わせて、

AI(人工知能)が個別に最適な学習教材を提供する

サービスが導入されつつあるからです。

参考記事はこちら

 

子どもが小学校でテストを受けるとその回答内容をAIが自動で分析し、

各問題の正誤データからその子の学力に合わせて

個別の学習教材を提供してくれるとか。

 

今はまだ教員が教えきれていない部分を

補うような利用を想定しているそうですが、

将来的には学校に行かなくても各家庭で学習するのが当たり前な時代が

訪れるかもしれませんね。

 

そうなったら先生はいらなくなりますし、学校自体、なくなるでしょう。

 

学校の役割は勉強以外にも

  • 他人との関わり方を学習する(コミュニケーション)
  • 自分以外の人の意見や考え方を知る

など、いろいろあるでしょうが、

これらは学校以外でも身に付けることが可能です。

 

たとえば家庭(あたりまえですが)とか、

テレビ電話のようなオンラインでの会話、

お祭りや地域でのイベントなど人がたくさん集まれる場所などです。

 

そう考えると、今のようにわざわざ学校に通学して

そこで勉強するような時代は終わり、

将来的に学校が無くなるという私の意見も

「もしかしたら、ありえるかも…」という現実的な話になってきます。

 

むかしから放送大学や塾のオンライン講座のような

通学しないタイプの学習方法はあるので、

小学校で導入されてもおかしくないでしょう。

 

日本では小学校は義務教育なので、

実現するには法整備が必要だったり親が在宅でも働けるようになったりする

必要はあるかもしれませんが、これだけインターネットが普及している

時代ですから、政府が本気を出せば数年くらいで実現するかもしれませんね。

 

小学校がなくなり教員が必要なくなった時代に、

いったいどのようなサービスや誕生したり新たなニーズが生まれるのか?

 

主にビジネス的な目線で数年先を見据えるとワクワクします。

 

そういう時代が本当に到来した時に、

 

需要がなくなって路頭に迷う教員のような存在になるのか?

 

それとも、

 

時代の流れに乗って需要を供給し、一山当てるのか?

 

現代は、その準備期間かもしれませんね。

 

 

 

★陽平とLINE友達になるにはコチラ↓

⇒ 陽平公式LINE (2クリックで登録できます!)

※今LINEに登録いただいた方に
4,980円相当の豪華3大特典をプレゼント中です!
ID検索する場合は⇒ @fir7671w (@をお忘れなく!)

 

★陽平のメルマガはコチラ↓ おかげさまで読者数1300人突破!

⇒ 陽平公式メルマガ (わずか30秒で登録できます!)

※いまメルマガにご登録いただくと
9,800円相当の目玉特典をプレゼントいたします!

 

★今人気の社長ブログがわかる社長ブログランキング
ぜひクリックいただけると嬉しく思います↓

⇒ 今何位? <人気ブログランキング>