日本では、一生懸命働いて

お金を稼ぐことが美徳とされる風潮があります。

 

一生懸命働くと周囲の人たちに

「おっ!頑張ってるね!」と高く評価してもらえるし、

子どもがいる人だと、自分の働く姿を子どもに見せることで、

子どもから尊敬してもらえたり

子どもが大人になった時に

真面目に働く人間に育つと考えている人が

たくさんいるからです。

 

しかし、子どもの将来を考えるなら

一生懸命働くのをやめるのが得策です。

 

なぜなら、

あなたが一生懸命働けば働くほど、

子どもは「仕事って大変なんだな」と

考えるようになるからです。

 

そして、

『仕事=大変なもの』とか

『仕事=ツラいもの』

『仕事=苦しいもの』

【仕事=一生懸命やるもの』

という価値観を持つようになります。

 

このような価値観を持った人が

就職したり起業したりして

自分が仕事をする立場になると、

ほぼ間違いなくブラック企業のような

 

『大変で』

『ツラくて』

『苦しい』

 

このような仕事をするようになります。

 

なぜこのようなことが言い切れるのかというと、

人間は周囲の人間に影響されて価値観を育み、

その価値観に合った生き方や考え方をする生き物だからです。

 

なので、

お子さんがいる方で将来自分の子どもに

『大変で』

『ツラくて』

『苦しい』

このような思いをして欲しくない方は、

一生懸命仕事をしない方がいいですね。

 

そうはいっても、

仕事をしなければ生活できないという方もいるかと思います。

 

そういう方は、

なるべく仕事を”楽しそうに”やったり、

”簡単そうに”やっていくと良いです。

 

仕事イコール

『楽しくできること』

『簡単にできること』

という価値観を持つようになるので、

将来苦労せずに楽しくお金を稼げるような

仕事をするようになりますから。

 

また、このことは

あなたが他人に影響を与えるだけでなく、

あなたも他人から影響を受けています。

 

そのため、

苦しそうに仕事をしている人や

ツラそうに仕事している人とは

一緒に仕事をしないようにしましょう。

 

そういう人はもっとラクに仕事を進めたり

効率よく仕事ができるのに、

わざわざ非効率で要領の悪い方法で

仕事をしていることが多いです。

 

そういう人に合わせて

あなたも非効率で苦しい仕事の進め方をする必要はありません。

 

意識していないと他人から悪い影響を受けてしまうので、

気を付けましょう。

 

 

今回の内容よりももっと役に立つ情報を

メルマガでは限定公開しています。

パソコン1台で会社に頼らず自由に生きる方法についても

お伝えしていますので、興味がある方は詳細をご覧ください。

↓  ↓  ↓