あなたは、広告の目的が何なのか?

考えたことがありますか?

 

 

世の中にはたくさんの広告が溢れかえっていて、

商品について説明していたり、

その商品を買った時のメリット、デメリットを説明していたりします。

 

そういった広告の目的なんですけど、

ザックリ言ってしまえば、

 

『人に行動させる(購入させる』

ことになります。
このたった一つの目的のために広告は存在し、

アフィリエイトの目的とも言えます。

 

 

 

 

たとえば

あるところにアフィリエイターが2人いて、

同じ情報商材をアフィリエイトするとしましょう。

 

まったく同じように商材の紹介記事を書き、

それぞれ自分のブログに投稿していくのですが、

一週間後の結果は・・・

 

一人が売りまくって大儲けし、

もう一人は閑古鳥状態。

 

どうしてこんなことが起こるのか?

 

 

アフィリエイターなら気になりますよね?

 

 

同じ商材なのに

一方が売れてもう一方が売れない場合、

その原因はある決定的なミスを犯していることが

ほとんどです。

 

 

そのミスとは、広告に隠された本質を知らず、

売れている広告のデザインや

表面的な文言を真似しているだけだということ。

 

 

 

どんなにデザインがキレイでも、

どんなに文章が感動的であったとしても、

広告がダメだと、絶対に売れません。

 

 

デザインや見た目はきれいな方が良いし、

文章も上手いに越したことはありません。

 

 

しかし現実問題として、

それほど見た目がキレイでなかったり

文章が上手ではないのに

売れてしまう広告は存在しています。

 

 

 

では売れている広告と、売れない広告は、

一体何が違うのか?

 

 

実は広告を使って商品を販売する場合、

『お客様は、なぜこの商品を買うのか?』

という心理状態(購買心理)を把握しなければならないのです。

 

 

これを知らないまま

売れている広告の文章やデザインをパクっても、

同じように売れるわけがないのです。

 

 

売れる広告と売れない広告の違いは、

デザインや文章の上手・下手ではなく、

広告を見る人(お客さん)の心理状態をいかに上手に操るれるか?

という部分にあります。

 

 

文章が下手くそ、デザインもイマイチ…

 

それでも売れてしまう広告には、

お客さんの心を操る巧みな『技術』が使われているのですね。

 

 

 

もしもあなたがお客さんの心を操り、

売れてしまう広告を作りたいのであれば、

この本がお役に立ちます。

↓ ↓ ↓

http://tky9.net/ru/sho1aae.html

 

 

私の知る限り、

成果が出ているアフィリエイターさんは

みんな読んでいる本なので、

あなたの成果が思わしくない状態であるなら

読んでも損することはないでしょう。

 

 

特に

  • 消費者心理の17の基本原則
  • 買わせるための41のテクニック

は暗記したうえで、いつでも使えるようにしておきましょう。

 

 

 

8月28日までは、通常価格3,700円のところを

特別価格の2,980円で購入できます。

 

送料も無料なので、興味がある方は

この機会に手に入れておきましょう。

 

  • 報酬が伸び悩んでいる
  • セールスに苦手意識がある

という方は必読の一冊です。

 

 

 

 

 

PS.

最近寝苦しい夜が続くので、

夜中に記事を作って日中に寝る生活を送っています。

 

夜の方が静かだし涼しいし、

記事作りがサクサク進むので意外とオススメです。

 

ただ、ホルモンバランスが崩れるのか、ニキビが…

 

オールナイトアフィリは自己責任でお願いします!