ブログで情報発信していると、避けては通れないのが

ネガティブコメントやスパムコメントです。

 

 

スパムコメントはだいたい外国語で書かれていたり、

大量に書き込まれていたりするので一目で判断できますし、

Akismet のようなプラグインを使えば一発で振り分けることができるので

それほど迷惑することはありません。

 

 

また、ネガティブコメントは情報の発信者側と

受信者側の意見が対立しているだけなので、

情報発信している私としては

「そういう意見もあるんだな~」

と、勉強になっています。

 

 

それどころか、ネガティブコメントは今後のブログの書き方、

表現方法の参考にもなるので、けっこう重宝しています。

 

 

 

しかし、

 

日々もらうコメントの中には、

まったく何の役にも立たない、何のプラスにもならないコメント

というものも存在します。

 

それが、通称『クソコメント』と称される”スパム的な”コメントです。

 

 

 

 

クソコメントとは?

”スパム的な”というのは、クソコメントは一見、

スパムコメントには見えないのですが、このコメントを読んでみると、

  • 自分のブログ記事と無関係な事が書きこまれていたり
  • 全くブログを読んでいないことが明らかなコメント

だったりして、スパムコメントと同類だと判断できるからです。

 

 

私はブログのコメント欄っていうのは、

ある種のコミュニケーションツールだと思っています。

 

 

なので、

私のブログを読んでいないのに、わけのわからないコメントをしてくる人

コミュニケーションの取れない、かなりおかしな人

という認識になってしまいます。

 

 

 

ネットに限らず、現実世界でも

こちらが聞いたことに対して全然関係ないことを返してくる人や、

「コイツ、本当に人間か?」と疑いたくなるくらい

意思の疎通(コミュニケーション)が出来ない人は存在します。

 

 

そして、そういうコミュニケーションのとれない人と

関わり合いになりたいか?それとも関わり合いになりたくないか?

と2択を迫られたら、私は「関わり合いになりたくない」と即答します

 

たぶん、これを読んでいるあなたも、同じ意見ではないでしょうか?

 

 

たとえば、こういうコメント↓

スパムコメント

クソコメント

スパムコメント

 

スパムコメント アメブロ

 

これらのコメントは、私のブログに残されていたものだけではなく、

他の人が運営するブログのコメント欄で見つけたものもあります。

 

自分のサイトへのリンクができるので、

宣伝の為にコメントを書いたのでしょう。

 

 

でも、たぶんコレ、逆効果です。

 

 

だって、さっき書いたように、

意思の疎通ができないことをアピールしているだけですから・・・。

 

 

 

ブログのコメントは、書き込む側も書き込まれた側も、

少なからず時間を消費します。

 

 

どうせ時間を消費するなら、

意思疎通が不可能であることをアピールするのではなく、

意味のある意思疎通(コミュニケーション)をとりたいものですね。

 

 

「じゃあどうやってコメント回りしたらいいの?」と思ったあなたは、

これを読めば全て解決するはず。

↓  ↓  ↓

効果的なコメント回りをする「2つのコツ」

コメント回りをする目的と7つのメリット