20代、30代の方なら、一度はこう思ったことがありませんか?

 

「年寄りたちはいいよなー。ロクに仕事してなくても給料がたくさん貰えて。」

「絶対俺たちの方が会社に貢献してるよー。」

「なんで俺たちばかり、こき使われるんだよ!」

年寄りたちは給料泥棒。

 

 

いま40代以上の方も、

いまより若いころ、一度は思ったことがあるのでは?

 

 

 

そして、

 

40代以上の方は、こうも思っているのではないでしょうか?

 

「最近の若いモンは使えねーな。」

「俺らがいなかったら会社は即倒産する。」

「新人はもっと働けよ!」

若者は給料泥棒。

 

 

給料泥棒というのは、

「たいして働いていないのに

ちゃっかり会社から給料をもらっている人」のことを

批判的に表現する言葉ですね。

 

 

こいった世代間のバトルは、

会社や組織における永遠のテーマの一つではないかと思います。

 

 

 

私自身はどうなのか?というと、

かつては私も組織の一員でしたし、

もうすぐ30歳になろうかという身だったので、

どちらかというと若者よりの意見でした。

 

 

 

ですが、

 

自分でビジネスを始めてからというもの、

自分は会社の利益に貢献していたのだろうか?

と考えることが増えました。

 

 

そこで、

 

 「年寄りは給料泥棒」という意見と、

「若者は給料泥棒」という意見、

 

一体どちらが正しいのか?

 

について、私の意見を書きたいと思います。

 

 

 

これって給料出るんすか?

まず結論から言ってしまうと、

今の私個人の意見としては、

若者世代の方が給料泥棒度合いが強いと思っています。

 

 

もちろん、若い世代にも

こいつスゲエなあ!

と思える人はいましたし、

組織への貢献度が高い人はいます。

 

 

でも、

 

もっと上の年配世代には、

若者世代よりも遥かにたくさんの成果を出している人がいましたし、

伝説級の実績を持っている人もいたりするわけです。

 

 

それらは所詮、「過去の実績」かもしれません。

働く環境や時代も違います。

 

 

しかしそれでも、

会社への貢献度は凄まじいものがあり

なかなか追いつけるものではありませんでした。

 

だから、

若者世代の方が給料泥棒だと思うわけです。

 

 

 

 

そもそも新入社員の頃なんて、

会社からすれば完全に赤字じゃないですか。

 

会社が給料という名前のお金を払って

なんのスキルも知識も持たない新人を教育し、

会社に利益をもたらしてくれる人材に仕立て上げる。

 

 

しかも、

 

会社に利益を運んでくれる人材になるまでに

何年かかるかわからないという、

完全な赤字事業です。

 

 

 

新人の時は私も

オフィスのゴミ箱中のゴミを集めたり、

誰よりも早く出勤してみんなの机を拭いたり、

お茶やコーヒーを出したり、

社用車の洗車をしたりして、

 

これって給料もらえるんすか?

 

と思っていました。

 

 

 

ですがこれって、

今考えると完全におかしな発想で、

 

会社の売り上げに1円も貢献していないのに

ちゃんと給料がもらえるなんて、普通じゃありえないことなんですよね。

 

 

徐々に仕事を覚えて、

セールススキルなどを磨いていって、

売り上げに貢献できるようになって初めて

給料と釣り合いの取れる状態になります。

 

 

 

それまでの間は、給料泥棒でしかありません。

 

 

なぜ意見が変わったのか?

実は私も昔は、

年配者の方が給料泥棒だと、ずっと思っていました。

 

しかし会社を辞め、

自分でアフィリエイトのようなビジネスを始めてから、

意見がガラリと変わりました。

 

 

従業員目線ではなく、

経営者目線でも物事を考えらえれるようになったからです。

 

 

いかに今までの自分の考えが、

独りよがりでズレたものだったのかに気付いて

愕然としましたけどね。

 

 

 

ここまでをまとめると、

 

若者社員と年配社員、どちらが給料泥棒か?

という世代間バトルは、

 

若者世代の方が会社への貢献度が低く、給料泥棒である

 

というのが私の意見になります。

 

 

そして、

 

私の意見が昔と正反対に変わったのは、

自分でビジネスを始めて、経営者目線で考えられるようになったから

というのが理由です。

 

 

 

私自身は30歳なので若者世代なのですが、

若者の味方ができなくて残念です。

 

でも、あなたがもし、

若者世代で、かつ、経営者視点を持ち合わせていないのであれば、

こういうビジネスを始めてみたら

私のように考えが変わるかもしれません。

↓  ↓  ↓

私の考えを正反対に変えた原因

 

シェアボタン