不労所得の作り方ってご存知ですか?

 

 

 

そもそも不労所得ってなに?

っていう方の為に簡単に説明させていただくと、

 

不労所得とは、

自分が実際に体を動かしたり作業をするなどの

労働をすることなくもらえてしまう収入(所得)のことです。

 

労働せずに得られる所得だから、

不労所得と呼ぶわけです。

 

「ほったらかしで稼げる」ってやつですね。

 

 

 

勘違いしてほしくないのが、

不労所得はある日突然ポンッと手に入るものではなくて、

働かなくてもお金が手に入る「仕組み」を

自分で作らなければならないという点です。

 

 

仕組みの構築には、

何年もかかる場合もあるし、

数カ月で完成する場合もあります。

 

この不労所得の仕組みを作るのが、

普通の人にとっては、けっこうハードに感じるかもしれません。

 

 

 

なぜなら、

 

今日作業して作ったぶんの不労所得の仕組みは

今日の報酬を生み出してはくれなかったりするからです。

 

 

 

普通であれば、

今日働いたぶんの報酬は、

今日手に入れることができます。

 

日払いの仕事が、その代表です。

 

 

 

でも不労所得の場合、

今日おこなった作業からは、1円の報酬も生まれません。

 

はあ?ふざけんな!

そんなもん、やってられるか!

と思うかもしれませんね。

 

 

私もはじめて聞いたときは、

なんだよ、詐欺じゃん。

って思いました。

 

 

 

でも、

 

一度不労所得の仕組みが完成すると、

数年先まで、

継続的に報酬を生み出し続けてくる

と聞いたら、どうでしょう?

 

 

 

例を出して考えてみましょう。

 

・アルバイト(労働所得)の場合

1日8時間、時給1,000円で働くと、

報酬は8×1000=8000円もらえます。

 

ただし、8000円を得るためには、

毎日働かなくてはなりません。

 

 

・不労所得の場合

1日8時間の作業をしても報酬は0円です。

 

ただし、不労所得の仕組みが完成すれば、

一切作業しなくても毎日1万円以上の報酬を得ることも可能。

 

 

このように、

アルバイトのような労働所得と、不労所得との間には、

大きな違いがあります。

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでみても、

「不労所得のことがまだよくわからないな。」

という方は、

 

桃栗3年、柿8年

 

ということわざを思い出してみてください。

 

 

このことわざは、

  • 果樹を植えたら、その実(成果)を得るまで相当の年月を待たなければならない
  • ものごとが成就するのには、時間がかかる

という意味です。

 

 

不労所得とは、

もも・栗・柿と同じで、

今日作業したからといって

今日、成果が得られるものではありません。

 

 

しかし、

ももや栗、柿と同じように、

ある時期からは継続的に成果(果実)を

もたらしてくれるようになります。

 

しかも、ほったらかしで。

 

 

 

今の話で、

不労所得の仕組みについて、

少しは理解していただけたでしょうか?

 

 

不労所得ってスゲー!!

私も不労所得が欲しいなー。

どうやって不労所得の仕組みを作ったらいいんだ?

 

と思った方は、こちらの記事が参考になるはずです。

↓  ↓  ↓

不労所得は、この3拍子があれば簡単に作れる!

 

 

 

 

シェアボタン